六稜ティールーム特集
写真をクリックすると拡大されます。

◆はじめに

私たちの食欲を満たしてくれた食堂。私たちが在学した3年間はもちろん、長い間、食堂を支え続けてくださった林さんご夫婦(真覚さん、かほるさん)が1222日をもって引退されます。OBからは「六稜ティールーム」の愛称で呼ばれ、同窓会やクラブOB会からも大きな信頼があり、引退を惜しむ声は絶えません。

そこで、111期同窓会は「食堂のおっちゃん、おばちゃん」に感謝の気持ちをこめて、緊急取材をお願いしました。その模様をみなさんにお伝えすることで、ご引退の前にして食一人でも多くの卒業生が食堂に赴いて欲しいと思います。

以前、当ホームページのQUESTIONNAIRESで食堂メニューの人気投票を行いました。それとあわせてご覧いただければ、と思います。

正午前、昼食時間でにぎわう食堂

111期生

「先にご飯食べようか」「そやな、今はさすがに忙しそうやし」


<食後、頃合を見計らって取材の申込>

          アポなしの突撃取材でした・・・すいません。

<取材開始>

111期生「北野高校の食堂で何年お勤めになったんですか?」

おっちゃん「前任者から引き継いだのが昭和50年やから、今年でちょうど30年になるなぁ」

111期生「えぇ!まじっすか、僕たちまだ生まれてませんよ。」(写真:時代を感じるピンクの電話→)「北野の生き字引きですね。30年の間、どんな出来事がありましたか?」

おっちゃん「体育館が火事で無くなってしまったなぁ、だから食堂もなくなってしもた」

111期生「火事で体育館がなくなったことは聞いたことあります。」「食堂なくなって、当時はどうしてたんですか?」

おっちゃん「その間は、同窓会館の一階を食堂にしてた。」

111期生「僕らの在学中で言う、旧図書館ですよね?狭くなかったですか?」

おっちゃん「狭かったよ、家庭用のコンロで料理してた。メニューはたくさん作れなかったけど、それでもオムライス、カレー、焼き飯はつくってたな。」


カツカレー 400円

麺類大盛は80円増

111期生「苦節30年なんですねぇ。今まで、一番辛かった思い出はありますか?」

おっちゃん「やっぱり、駆け出しの頃やなぁ。食堂で仕事するなんて思ってもみなかったから、右も左もわからんかった。素人ゆえの苦労というかね。それでも、食堂を預かったからには一人前に責任を果たさないといけない。素人ってだからっていいわけはできないから、辛かったよ。三日間、飯食えなかった。」

111期生「高校の食堂って他は知りませんけど、北野は本当に家庭的な感じがするんですよねぇ」「そうそう、いつもお孫さんが三輪車乗り回して遊んでたよな!」

おっちゃん「上の子はもう中学生になった、下の子は小学生で昨日も遊びに来てたわ」

111期生「そっかぁ、大きくなったんですね。歳が過ぎるのは早いなあ。」


食堂前テラス

焼き飯 330円
<そこへ鎌田教頭先生登場!>

鎌田先生「ご飯食べたんか?」

111期生「はい、さっき六稜うどんと焼き飯を食べました」「僕はカツカレー、久々に食べたらめっちゃ懐かしい。」

ちなみに鎌田先生はおなじみの先生弁当(写真→)。取材した日は天ぷら弁当でした。
「先生弁当、学生の時は羨ましかったよな」 

「このメニュー表は、おっちゃんが書かれたんですか?」

おっちゃん「そうや」

111期生「創業以来、変わらずですか?」

おっちゃん「ほとんどはな。その時代の流行とかあって、スパゲッティとかやってた時もあったな」

111期生111期のホームページで、食堂メニューの人気投票したんですけど、何が一位やったと思いますか?」

鎌田先生「やっぱカレーか?」

おっちゃん「オムライスちゃうか?」


揚げたてのフライドポテトに殺到。今も変わらぬ風景です。

111期生  「実はポテトフライなんですよ、クラブの後はいつも食べてました。思い出の味です。」

おっちゃん 「そうか、あれは僕がはじめたんや。それまではなかった。25年くらい続けてるわ。あれ、熱いねんで。昔は一日中揚げ続けて、手が真っ赤になったわ。」

111期生「ロングヒット商品ってわけですね。最近はカレーパンとかもやってるみたいで」「さっき現役生の声を聞いたら、カレーパンおいしいみたいやで」

おっちゃん「けっこう売れてるな」

111期生「食堂で一番のいい思い出ってなんですか?」

おっちゃん「そうやなあ、たくさんあるけど、やっぱり合宿かな。ラグビー部の合宿に、食事当番としてついて行ったことがあって。うちの家族引き連れていったなぁ。それからラグビー部のOBの人たちとは仲良くしてもらってて、こないだ慰労会をしてくれたわ。」

111期生「へえ、いいですね〜。それだけクラブのために尽力してくださったってことですね」「ありがとうございます」

おっちゃん「もちろん、ラグビー部だけやないで。水泳部もそうやし、食堂をつかってくれているクラブはたくさんある。北野の良いところは、縦のつながりがあるところ。伝統がある学校やから、OBになってそれなりの歳になると母校に戻ってくるねんな。それで食堂に顔を出してくれるのが一番うれしいわ。学生の時は小さかったのに、大きくなって挨拶に来てくれる。名前がわからなくても、『おっちゃん、元気?』と言うてくれるのがうれしいな。結婚して子供連れて来てくれた人もおるな、その子供が北野生になってな。」

111期生「たしかにラグビー部には親子三代、北野高校ラグビー部の人おるわ」「橋下弁護士(最近、テレビ番組に多数出演)もラグビー部やろ?」

おっちゃん「そうや、『ハシゲ、ハシゲ』って呼んでたからな」

111期生「これだけたくさんの思い出や苦労があって、ほんとにお話聞けてよかったです。」「ここから本題ですが、どうしてお辞めになるんですか?」

おっちゃん「前から辞めようと思ってたんやけどな、もう夫婦二人ならそんなにお金もいらんし、歳も歳やからしんどいわ」

111期生「僕自身はご引退される気持ちがあることを以前から聞いていましたが、今年、決断に至った理由はなんでしょう?」

おっちゃん「ちょうど30年勤めたということもあるし、今年で70歳やからな。一番大きなきっかけは新築された北野高校の姿を見れて、その中で一年食堂を運営できたから満足できた。」

111期生「なるほど、いい節目なわけですね。ほんとにお疲れ様でした、引退を決意されてどういったお気持ちですか?」

おっちゃん「色々あったけど、いい思い出だけ持って出て行きたいです。OBがたずねてきてくれることがうれしかった。ただ、もう来てくれてもいないことが気の毒。」

111期生「最後になにかメッセージをいただきたいのですが」

おっちゃん「メッセージって言われても・・・。長い間、本当にありがとうございました」

おばちゃん「みなさんに支えられて、楽しく働かせてもらいました。ありがとうございました。現役生も卒業生も、みなさんがんばってください!」

111期生「長い間、本当にありがとうございました。なんとお礼を言っていいのかわかりませんが、少しでも多くの人にもう一度、おっちゃんの味を楽しんでもらいたいと思います。」「お忙しい時間に伺ってしまいご迷惑をおかけしました。ありがとうございました。」

おっちゃん、おばちゃん「こちらこそ、どうもありがとう」

◆付録:鎌田先生と111期生との会話

111期生「おっちゃんの後任は決まっているんですか?」

鎌田先生「うん。個人でやっていける時代じゃないから、業者さんになるけどな」

111期生「そうですかぁ、家庭的な感じがなくなってしまうのは残念ですね」

鎌田先生「その業者の社長の奥さんが、北野の卒業生やねん。だから、しっかりやってくださるやろ」

111期生「メニューとか変わってしまうんですかね?」

鎌田先生「それは、おっちゃんと業者の引継ぎの中で決まっていくんじゃないかな。基本的に食堂に関することは、生徒自治会の審議事項やから生徒が中心になってやってるわ」

111期生「六稜うどんは残るんですか?」 

111期生「メニューは残るけど、味は残らんねやろな」

六稜うどん 290円

鎌田先生コメント 「残念としか、言いようがないな」

◆編集後記

40分あまりの取材の中、おっちゃんとおばちゃんは終始笑顔でお話をしてくださいました。私たちが卒業してもうすぐ6年になりますが、在学中の頃と変わらぬ若さで今日も中華鍋で焼き飯を炒めていらっしゃいました。

2年前に学年同窓会を行った際も、食堂のおっちゃんにお世話になりました。同窓会で出された食事のなかに焼き飯があったことを覚えている人はどれくらいいるでしょう?

「在学中に食べたメニューをもう一度食べたい」という意見が数多くあったので、無理言ってお願いしたことを私は忘れられません。

私たちが記憶している思い出は、行事やクラブのことだけではなく、味や匂いも大切な思い出なんだと思いました。新トレのなんとも言えない匂いは今でも相変わらずでした。しかし、おっちゃんの味はもうなくなってしまいます。だから、一人でも多くの人に最後の味を食しに行って欲しいと思います。訪ねていって「おっちゃん食べにきたで」と挨拶することだけが、最後の恩返しではないでしょうか。

20041118

 取材:松岡信道<記事> 佐々智彦<撮影>

◆おしらせ

 六稜ティールームの営業日

  平日・・・昼頃に行けば、その日のメニューを楽しめます。

       学生の休憩時間(1140分〜1230分)

  土曜日・・1127日と124日は営業、それ以降は休業

       学生は土曜講座で登校しています。

 ※最終営業日は1222

 ※「どうしてもオムライスが食べたい!」っていう人は、北野高校(06-6303-5661)に電話して食堂に繋いでもらって「オムライスとっといて」とお願いしましょう(笑)

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー